第4回 コンクール特徴

『最良の練習の場』をという想いで
プレコンクールやコンクールでしか得られないものがあります。
・各々が、自身の弱点に気づき、それを克服するために、目標をもって練習を重ねること。
・たった1人で舞台に立ち、ひとつのヴァリエーションを通してバレエの心や想いを表現し、観客に伝えること。
・同年代の仲間から刺激をうけ、次への抱負を持ち帰りつなげていくこと。
そのどれもが、各々のレベルアップに必要不可欠なステップだと考えています。
当コンクールは、そのステップのための機会を提供することを目指しています。

 

◆バレエシューズ参加年齢の拡充
高学年からバレエを始めた方で『プレコンクールに参加しようと思ったら年齢制限により申し込みができなかった。。。』という経験はありませんか?
本コンクールのプレコンクール部門では、小学生~中学1年生までの方がバレエシューズでご参加いただけます。
これからでも、是非、舞台の経験を重ね、才能を開花させていただきたいと思っています。

 

◆プレコンクール トゥシューズ部門の年齢拡充
トゥシューズでの練習を始める年齢は、指導者の方により様々なお考えがあります。
その一方で、プレコンクールトゥシューズ部門でも年齢条件が設けられていることが多くなっています。
将来の目標を定め、ブレることなく、トゥシューズにステップアップしていけるよう、こちらも高学年からシニアまでの方の参加を可能にいたしました。
指導者の方の考えに寄り添いながら、しっかりとした身体づくりと練習ができるよう、応援してまいります。

 

◆コンクールからのステップアップ
プロを目指すためには、技術はもちろん、表現する力・伝える力が重要だと考えます。
”プロになる為の踊りの幅””プレゼンテーション力”を身につけるチャンスとして、コンクール部門上位入賞者のうち特に優秀な方には、ジュンヌバレエYOKOHAMAへ加入できる権利を付与する場合があります。(加入については任意)

 

◆コンテンポラリー部門の併設
クラシックのみならずコンテンポラリーの要素もこなせる身体表現が求めらるバレエ界の現状を鑑み、当コンクールではクラシック部門だけでなくコンテンポラリー部門も重要視し、世界での経験豊富な先生を審査員としてお迎えいたします。
クラシックとコンテンポラリー。その両方を学び、将来に活かしていくことができるように、 いずれの部門でも2部門参加は、廉価にてご出場いただけます。

 


申込も簡単に!そして便利に!!

 

◆申込み方法
従来通りのFAX申込にあわせ、WEBでの申込を可能にしました。
※8割程度の方にWEB申込をご利用いただいております。
特に、2部門参加の場合は、氏名や年齢・住所などの入力は1度のみ。出場曲などは続けて入力できるので、是非WEB申し込みをご利用ください。

 

◆お支払
銀行振込はもちろん、クレジットカード払い可能。
クレジットカード払いの場合は、手数料のご負担はありません。

 

◆課題曲部門
小学1年生から3年生のプレコンクール部門には課題曲・課題振付を設けています。
小さなバレリーナのための、振付アレンジや音源準備の必要がありません。

 


会場
横浜・みなとみらいエリアにあるホールで、多くのバレエ公演や発表会、コンクールなども開催されている会場です。大きな舞台面で、思う存分ヴァリエーションを踊っていただけます。

 

◆前泊も
みなとみらいエリアには、多くのビジネスホテルもございます。

 

◆準備スペースの確保
ホワイエ、楽屋などのスペースがとても広々としたホールです。

 


待ち時間の過ごし方
『コンクールというと一日がかり。場合によっては表彰式だけにまた行かないと・・・』という場合もあるのではないでしょうか。
本コンクールは各部門ともに審査と当日に結果発表を行います。(もちろんホームページ上でも当日発表)

 

横浜バレエコンクールのFacebookページでは桜木町周辺の情報なども発信していきますので是非ご覧ください。
横浜バレエコンクールFacebookページこちら