スカラーシップ

トスカーナ州立バレエ学校/Ateneo della Danza校長のマルコ・バッティ氏が4月3日の『コンクール部門』審査員として追加決定致しました。

この審査員追加に伴い、以下のスカラーシップがマルコ・バッティ氏より授与されます。

①8月に行われるサマースクールの授業料が免除される「フルスカラーシップ受講生」としての権利⇒最大2名

②9月より授業料の半額免除になる「ハーフスカラーシップ生」として1年間留学する権利⇒最大2名

サマースクールへの参加権⇒最大20名
9月よりご入学頂ける入学権⇒最大10名


マルコ・バッティ/Marco Batti
トスカーナ州立バレエ学校/Ateneo della Danza校長、シエナ・バレエ団/Balletto Di Siena芸術監督、ABTパートナー教師/ABT Affiliate Teacher(初級~レベル7)。
2005年よりダンサーとしてエグレㇷスキー・バレエ団/Eglevsky Ballet of New York,やモータスダンス/MOUTSなどのカンパニーで勤務。
またソロダンサーとしても様々な企画に参加。若手イタリア人振付家としても注目されており、代表作品に『Folie Blanche』(2004年DANZ&STATE賞受賞)、『The Nutcracker』、『L’autre histoire de Manon』などがある。
2006年トスカーナ州立バレエ団校長、2011年シエナ・バレエ団芸術監督として就任している。現在イタリア、シエナを拠点にヨーロッパ圏内、キューバ、アメリカなどでゲスト・ティーチャーとして招聘され、後進の育成を積極的に行っている。


トスカーナ州立バレエ学校/Ateneo della Danza
学校紹介:2006年に設立されたバレエ学校で7年生と8年生はプロフェッショナル・トレーニングセンターとして州より職業訓練校として認可されています。バレエ学校はイタリア、トスカーナ州シエナ旧市街に位置し、歴史的文化を肌で感じることが出来ます。
授業内容はクラシックバレエ、コンテンポラリーダンス、モダンダンス、パ・ド・ドゥ、コンタクト・インプロヴィゼーション、有名作品のレパートリー、ピラティス、ジャイロキネシス他で実技は、毎日4~6クラス行われます。8年生(最終学年)在学中にはABT認定のディプロマ(American Ballet Theater National Training Curriculum)の試験を受けることも可能です(希望者のみ)。
7年生、8年生はオーディションに合格するとシエナ・バレエ団の研修生として公演活動に参加できる機会が与えられます。在学中、優秀な生徒には国際バレエコンクールや、国際バレエ・フェスティバルに参加出来ます。卒業後の主な就職先としては、シエナ・バレエ団、ミラノスカラ座バレエ団、ノルウェー国立バレエ団、ポーランド国立バレエ団など多数あります。

寮:本校生徒は学校付属のレジデンスに滞在
教育システム:全日制8年。
ホームページ:http://www.ateneodelladanza.it/